ホーム > ナールスゲン > 大学が共同で開発したナールスゲンっていいの?

大学が共同で開発したナールスゲンっていいの?

化粧品って化粧品会社が作るものだと思っていませんか。でも実は、薬で有名な会社が化粧水を作っていたり、フィルムで有名な会社が化粧水を開発したりしていますよね。本業で研究していたものが、他のものにも役立てることができたラッキーなケースです。珍しいところでは、大学で共同開発したナールスゲンを化粧品に用いているところもあります。近大マグロが一世を風靡していますし、大学の研究だからといって馬鹿にはできません。特にナールスゲンを開発しているのは、関西では賢いことで有名な京都大学と大阪市立大学ですからね。信頼性がありますよね。化粧品のカラーも両大学のカラーを混ぜたカラーを用いるという徹底ぶりです。ここまで信頼してくれて研究させてくれたら嬉しいだろうなと思いますよね。

 

大学が共同で開発したナールスゲンって?

 

とはいえ、頭だけの研究ではいけません。化粧品は実際に使ってみてこそ効果が実感できるのです。気になる方はネットから申し込みもできますし、試してみるといいと思います。値段もそこまで高くないんですよね。大学とタッグを組んでいる関係でしょうか。安くて良いものなら消費者は嬉しいですし、それで人気になれば研究者も張り合いが出て開発にも一層力が入ることでしょう。